20代後半男性におすすめいしたいマッチングアプリを4選

生活

スポンサーリンク

こんにちは、おかてんです。

僕は現在20代後半で、もうすぐで30代に突入します。しかし、つい先日まで6年間恋人がいませんでした。

仕事は充実していたのですが、プライベートももっと充実させたいと常々思っていました。

例えば、

  • 好きな人と旅行に行きたい
  • 恋人を作ってお家デートがしたい
  • 季節のイベントを恋人と楽しみたい

のように恋人がいれば人生楽しくなりますよね。

同じように感じている人も多いのではないでしょうか?

この状況を抜け出したいと多い、街コンや合コンに行ったこともありましたが、中々うまくいきませんでした。

そんな中、マッチングアプリを始めると数ヶ月で恋人ができました

最初は不安が大きかったのですが、いざ使ってみると一番理想の人に出会えることがわかりました。

今回はマッチングアプリがなぜ良いのか?という説明と、僕が試したマッチングアプリのそれぞれの内容や特徴をご紹介します。

 

なぜマッチングアプリが良いのか?:出会う方法を比較

まずはマッチングアプリがなぜ良いのか?ということを説明します。最近マッチングアプリという言葉を聞くことも増えてきたのではないでしょうか?

僕の周りでもやっている人は結構います。職場に全く出会いがないので、マッチングアプリを頼りにしています。最初は合コン、街コンなどで何回か試してみましたが、中々うまくいかず、たどり着いた先がマッチングアプリでした。

マッチングアプリを始めてからは数ヶ月で恋人を作ることができました。

では、他の出会う方法と比べて、マッチングアプリの何が良いのか?をご説明します。

 

合コン

社会人になってからの出会い方といえば合コンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

ただ、合コンを何回もやってきて感じた欠点はどんな人が来るかわからないというところです。もちろん、幹事からの前情報は得られると思いますが、せいぜい限られています。

もちろん、運が良く自分の好み人が参加するという可能性もあります。

しかし、そこには2つのハードルがあります。

1つ目は相手が自分に対して関心があるかどうかです。自分が一方的にいいなと思っても、相手が何も思っていなければ意味がありません。その点で、合コンでは自分の好みと相手の好みが合致しないと恋愛には発展しにくいと思っています。

2つ目は他の男性もライバルであるということ。自分の好みの人って、他の男性と被る事が多いんですよね。そこは裏で話し合って譲る、譲らないとかはありますが、そういった事が発生する自体面倒ですよね。特にコミュ力の高い人がいると場を盛り上げて、相手からの注目度も高いので勝ち目がない可能性もあります。一方で、大勢が苦手な僕は、何も話せずに終わることが多かったです。その後も気になった人に連絡を取ろうとしましたが、うまく行かずというのが多かったですね。

 

街コン

街コンも最近人気ですよね。

しかし、これも合コンと同じで誰が来るかわからないというのが個人的にはネックでした。

ただ、20代限定や趣味コンなど絞られた条件で開催されることも多いので、ある程度は自分の理想の条件で探すことができし、相手もそれは同じことなので、一見ニーズが合致してうまくいきやすいと思うかもしれません。

しかし、こちらもライバルの男性が多くなかなか発展しづらかったですね。

街コンに関しては、僕が参加したのは立食形式が多く、男性から話しかけないと何も始まらないことが多いです。特に人気の女性には多く集まるので何も話せずに終わることもあります。僕は大勢の中だと緊張してしまい、何も話せずに終わることが多かったです。

あとは料金が高いのも個人的には不満でしたね。男性だと1回の参加で6000〜8000円くらいでした。僕自身の問題もあると思いますが、コスパ的にはあまりよくなかったです。

 

マッチングアプリ

合コンや街コンを経て、僕がたどり着いたのはマッチングアプリでした。

最初はネットで知り合うなんか大丈夫なのか?と不安が大きかったですが、いざ始めてみると一番効率的に理想の人に出会いやすいと感じました。

マッチングアプリの概要はこの後に詳しく書きます。

 

マッチングアプリの概要

それではマッチングアプリの概要について説明します。

マッチングアプリの流れ

マッチングアプリで恋人を作るステップとしては

  1. 女性を検索する
  2. 理想の人がいればいいねを押す
  3. 相手からいいねが返ってこればマッチング成立し、メッセージの交換スタート
  4. メッセージのやり取りをしつつ、デートに誘う
  5. 何度かデートを重ね、恋人に発展

というような流れです。

 

女性を検索する

まずは女性を検索します。
年齢・居住地などから、自分が求めている条件の女性を検索できます。

理想の人がいればいいねを押す

検索結果から女性のプロフィールなどを見て、いいなと思う人がいればいいねというのを送ります。いいねというのは保有数が限られているので、無限にいいねを送れるわけではありません。なので、この人いいなと思った人にだけ送るようにしましょう。

マッチングが成立すると、メッセージ交換スタート

いいねを送れば、女性側は通知され、いいねを返すかどうかを判定します。女性側からいいねが返ってこればマッチング成立となり、メッセージを交換できます。

メッセージのやり取りをしつつ、デートに誘う

マッチングが成立すれば必ず男性側からメッセージを送りましょう。しかも、ただ送るだけでなく疑問形で送るのがポイントです。あとは、メッセージが続けばいいタイミングでデートに誘いましょう。

何度かデートを重ね、恋人に発展

一度デートをしていい人だなと思ったら、次の約束もしましょう。あとは一般の恋愛と同じで告白をして恋人関係に発展しましょう。

 

基本的にはこのような流れで僕は恋人ができました。

 

マッチングアプリの良いところ

では、マッチングアプリの流れを踏まえた上で僕が感じた良いところは大きく3つです。

  • 自分の理想の条件で検索できる
  • 会員数が多いので、たくさんの女性と出会える
  • メッセージで雰囲気がつかめる

 

まずは自分の理想条件で検索できるのは魅力ですね。年齢・居住地・趣味・休日などいろんな条件で絞り込めるので、効率よく出会うことができます。例えば、

  • 年齢:25歳〜30歳
  • 居住地:大阪
  • 休日:土日

趣味に関しても共通のコミュニティで検索できるアプリもあります。これなら自分の理想の人を効率的に探せますよね。これはあくまでも一例で、他の条件での検索もたくさんあります。

 

たくさんの女性と出会えるのも魅力的ですね。合コンや街コンだとせいぜい3〜4人くらいしか出会えませんよね。しかも、デートまでこぎつけられるかどうかもわかりません。その点、マッチングアプリなら10人以上と出会うこともできます。しかも、相手もある程度自分のことを気に入ってくれています。それだけ出会うことができればさすがに恋人に発展しますよね。

 

あとはメッセージのやり取りをして、ある程度お互いのことを知れるところもいいですね。合コンなどで初対面で1から話すと「あれ、この人合わないな」と感じることもあり、その分時間が無駄になりますよね。その点、マッチングアプリである程度メッセージ交換をしているので、会う前から大体の雰囲気がつかめ、会話もスムーズにいくと思います。

 

マッチングアプリの注意点

ただし、マッチングアプリをやったからといって、必ず恋人ができるとは限りません。

まずは、以下のことを心がけましょう。

  • プロフィール写真は必ず顔が写っているものを使う
  • プロフィールは丁寧に書く
  • マッチングしたら、必ず男性からメッセージを送る

マッチングアプリでは恋人ができやすいといいましたが、努力は必要です。ただ、トーク力が問われる合コンや街コンと違って、これくらいの努力なら誰にでもできると思います。

 

あとはうまくいかなくても気にしないことも重要です。以下のようなことはよく起こります。

  • いいねが返ってこない
  • メッセージが返ってこない
  • 次のデートを誘う時に断られた

このようなことが続く場合は、少し条件を変えて検索してみるのもいいかもしれません。

 

 

ここまでマッチングアプリの概要を説明してきました。ただ、マッチングアプリって色々あって何を選べばいいかわからないですよね。そこで、僕が今まで試してきたマッチングアプリを4つご紹介します。

 

20代後半におすすめのマッチングアプリ

1:Pairs

累計会員数 800万人
年齢層  20代前半〜20代半ば
 料金  3480円/月

Pairsは何と言っても累計会員数がNo.1のマッチングアプリです。

知名度も一番高く、とりあえずマッチングアプリを始めるならPairsからっていう人も多いです。僕の周りもPairsやっている人が一番多いですね。

 

あとは、コミュニティに参加することでお互いの共通点がわかりやすいことも特徴です。

自分の趣味があれば、そのコミュニティに入り、そのコミュニティに入っている人に絞ってお相手を検索とかもできます。自分と同じ趣味の人を探したい人にはオススメですね。

「真剣に出会いを求めています」というようなコミュニティなどもありますので、相手がどれくらい本気で取り組んでいるのかもコミュニティで把握できたりもします。

 

2:Omiai

累計会員数 300万人
年齢層  20代半ば〜20代後半
 料金  3980円/月

Omiaiは20代後半の会員が多いイメージ。なので、同年代の相手を見つけたい20代後半男子には一番おすすめですね。

他のアプリとの決定的な違いはお相手によって消費するいいね数が違うことです。

他のマッチングアプリでは消費するいいねは1のみですが、Omiaiでは人気会員に対して消費するいいねが多くなっています。

これだけ聞くとなんだか人気会員とその他で分けられていて嫌な気持ちになると思うかもしれません。しかし、よく考えてみてください。人気会員に対する消費いいねが多いということは人気会員に人気が集中するということがなくなると思いませんか。

なので人気が分散される分、本来かなりのいいね数がもらえそうな人でも意外と多くなかったりもします。相手への理想が高い人やこだわりがある人にはオススメですね。

しかも、相手から見た自分の消費いいね数はわかりませんので、自分が人気会員かどうかはわからないので不快な気持ちにもなりません。

 

3:ゼクシィ恋結び

累計会員数 40万人
年齢層  20代前半〜20代後半
 料金  3480円/月

ゼクシィ恋結びは何と言っても、あのゼクシィが運営しているので安心感がありますよね。ゼクシィのマッチングアプリは2種類あって、ゼクシィ縁結びは婚活で、ゼクシィ恋結びは恋活のイメージが強く、どちらかというとライトな出会いを求めている人に合っていると思います。

ゼクシィ恋結びは他のマッチングアプリと比べるとやや少ない印象ですが、その分ライバルもいないので意外とチャンスかもしれません。

僕がやってみた感じたゼクシィ恋結びの特徴は付与されるいいね数が多いところです。

他のマッチングアプリでは1日に付与されるいいね数は1〜3程度でしたが、ゼクシィ恋結びでは5〜10のいいねをもらえます。

いいねが使いきれないくらいですね。しかし、使い切れなくてもスペシャルいいねというのを使用してもいいかもしれません。スペシャルいいねは30消費してしまいますが、必ず相手の注目を浴びるのでマッチングしやすくなるんですね。自分が一番いいなと思っている女性に使ってみるのがありかもしれません。

 

4:with

with(ウィズ)
累計会員数 100万人
年齢層 20代前半〜20代半ば
 料金  3400円/月

withはメンタリストDaigo監修のマッチングアプリです。

統計的・心理学的に相性を判断してくれます。定期的に相性診断が実施され、いくつかの質問に答えるだけで自分のタイプがわかります。そこから、相性の良いタイプの女性に対しては無料でいいねを送ることができます。

あとは共有点の個数が表示されるのも1つの特徴です。他のマッチングアプリもプロフィールから共通点はわかるのですが、全ての人をいちいち見るのも面倒ですよね。その点、withなら共通点があらかじめ表示されているので便利です。

 

 

最後に

僕もいろんなアプリを試してみて、ようやく恋人を作ることができました。個人的にはOmiaiが一番しっくりきましたし、実際に恋人ができたのもOmiaiです。

ただ、どのアプリが合うかはやってみないとわからないので、まずはどれでも良いので1つでも初めて見ることをオススメします。

 

スポンサーリンク