副業の始め方がわからないサラリーマンは自分のスキルを棚卸ししよう

副業

スポンサーリンク

こんにちは、おかてんです。

皆さんは今の会社の給料に満足していますか?もし満足していないとしたら何とかして年収をあげようと考えていますよね。

自分の年収を上げる方法としてよくあげられるのが転職ですが、転職ってけっこう不安ですよね。面接だけでは転職先がどのようなところかはわからないので、実際に働いてみて前の会社の方が良かったということもあり得ます。

特に今の会社ではそこそこ居心地がよく、高くはないが安定した給料が得られていると、転職するのも不安だったりしますよね。

ただ、やはり今の会社ではなかなか給料が上がりづらく、何とかして年収を上げたいと思っている人は多いはず。

そんな時に思い浮かぶのが副業ですよね。収入がもっと欲しいという方で、本業での収入に限界がきそう、限界がきたという方はほとんど副業にたどり着くと思います。

さらに政府の副業解禁の声明の後押しもあって、副業に興味を持ち始めている人が増えていると思います。

 

でも、いざ「副業を始めたい!」と思っても何から始めていいかわかりませんよね。

そんな方にオススメなのは自分のスキルを棚卸することです。詳しくは後述しますが、スキルの棚卸しとは簡単にいうと今まで、自分が学んできたこと・経験してきたことを見直すことです。

この記事ではスキルの棚卸しが必要な理由と棚卸しの先にどのように副業をすればいいのか?ということについて説明します。

 

スキルの棚卸し方法

では簡単にスキルの棚卸し方法について説明します。

スキルの棚卸しとは今までの人生の中で自分はどんなスキルを身につけてきたのか?ということです。

例えば、

  • 今まで生きてきた中で自分はどのようなことを学んできたのか?
  • 何かを人に教えた経験はあるか?
  • 自分が好きなこと、夢中になることは何か?

このようなことを自分自身でまとめてみましょう。

例えば、学生時代にどのようなことを学んできたのか?と考えてみましょう。

理系の人なら自分の専門科目で学んだことがありますよね。文系の人なら語学や資格のための勉強などを経験してきた人は多いはず。それらを自分のスキルとして棚卸しできます。

例えば、こんな感じに

  • 情報系の勉強をして、プログラミングの経験がある
  • 物理についての様々な現象について学んできた
  • 英語の文章の読み書きができる、あるいは会話もできる

また、社会人になってからの経験なども多くあるはずです。例えば営業や経理などを1年でもこなしてきたらそのノウハウがあるはずなので、それをスキルとして扱えます。

あるいは大学受験をこなしてきた人なら、大学受験のノウハウをスキルとしてカウントしてもOKです。学生の頃に塾講師として自分が教えてきたという経験も1つのスキルです。

 

あとは、これがスキルとして一番の強みとなりますが、自分が好きなことがあるならそれについて考えて見ましょう。昔から絵を描くのが好きなので、絵を描くことをスキルとして棚卸もできます。

あるいは、昔は趣味でブログや日記をしている方で、自分は文章が書くのが好きだったのだな〜と思うかもしれません。そんな方は文章を書くことをスキルに入れて見ましょう。

 

自分のスキルを提供してみよう

自分のスキルを棚卸できたなら、今後はそれを別の人に提供することで副業にし、収入を得ることができます。自分のスキルの提供方法としては大きく2つあります。

  1. スキルそのものの取得方法について教える
  2. スキルを使って、誰かの悩み・課題を解決する

まずはスキルそのものの取得方法について教えることです。これはスキルを持っている人なら今まで経験してきたことをそのまま誰かに伝えるだけで、簡単にできるし、すぐに取りかかれます。

ただし、急に誰かに教えるのも不安だし、それでどうやって収入を得られるかもわかりませんよね。

そんな方にはスキルを売り買いできるサービスでまずはやってみることをオススメします。

一番有名なのはココナラですね、他にもBASETimebankなどがありますので自分にあったサービスを使いましょう。

これらのサービス内で提供されているスキルを見てみると、これなら自分にもできそうだなと思うものがいくつかあるので、それで自信を持つことができます。自分にもできそうだと感じたらまずはやってみましょう!

 


次にスキルを使って、誰かの悩み・課題を解決する方法です。こちらはデザインやプログラミング、ライティングのスキルなど専門に特化したスキルとなります。

  • デザインならブログなどのロゴを何にしようか悩んでいる人に対して、ロゴをデザインしてあげることで解決することができます。
  • プログラミングなら新しいサービスを導入したいが、エンジニアがいないという企業の悩みに対して、アプリ開発してあげることで解決することができます。
  • ライティングならブログ運営でコンテンツに困っている方に対して、記事を書いてあげることで解決することができます。

これらは個人に対しても提供できますが、どちらかというと企業向けの提供になります。

オススメのサービスはCrowdWorksランサーズです。

これらのスキルは高単価で収入を得ることができるので、もしそのようなスキルをお持ちの方がいれば、すぐに副業として稼ぐことができます。

 

どうしてもスキルがない方は

自分のスキルを棚卸した際に、どうしてもスキルがないと思う方もいるかもしれません。あるいは、スキルらしきものはあるが、需要がなく人に教えるようなことではないと思っている人もいるかもしれません。

そのような方は自分でスキルを身につけてみましょう。

最近はスキルを身につけるための学習ツールが多いので、自分が身につけたいスキルをすぐに学習することができます。

個人的にオススメなのはUdemyです。Udemyならデザインやプログラミング、投資などあらゆる分野の講座があります。

 

最後に

副業を始めたいと思っても多くの人が始められていないと思います。しかし、そこまで難しく考えなくても副業とは自分のスキルを誰かに提供して、お金をもらうことだと思っています。

そのために自分がどのようなスキルを持っているのか?自分は誰かに何を提供できるのか?というのを一度考えてみてはいかがでしょうか?

★合わせて読みたい

スポンサーリンク