大学生のうちにプログラミングで稼ぐためには?

プログラミング

スポンサーリンク

こんにちは、おかてんです。

今回は大学生向けの記事を書きました。

大学生の皆さんはこんな悩みを持っていませんか?

  • バイトしても全然お金が貯まらない
  • ちゃんと就職できるか不安だ
  • 将来きちんと安定した生活が送れるか

 

このようにお金や将来への不安が多いですよね。

昔と違い、終身雇用が約束されている企業はどこもないし、大企業だからといって将来が安泰とは限りません。少子高齢化が進み、将来年金がもらえるかどうかわからないので貯蓄もかなり必要です。

そこで、今回はこのような悩みを解決できる方法をご紹介します。それはプログラミングスキルを身につけることです。

プログラミングスキルを身につけることができれば、大学生でも多くのお金を稼ぐことができ、社会人になってからも役に立ちます。さらに就職する時もかなり有利になりますね。

では、なぜプログラミングを身につけるとそのようなことができるのでしょうか?今回の記事ではその疑問を解消しながら、以下の2点を中心に説明します。

  • プログラミングスキルを身につけるとなぜそのようなことができるのか?
  • プログラミングの学習方法

大学生の皆さんは今のうちにプログラミングを身につけて将来の不安をなくしましょう!

 

★この記事の対象となる読者
  • 大学生のうちにお金を稼げるようになりたい
  • 就職のためにスキルや実績をもっておきたい
  • 将来の投資のためなら多少の時間とお金をかけてもいい

 

なぜプログラミングなのか?

では、なぜプログラミングを学ぶとお金を稼ぐことができるのか?あるいは就職に強くなるのか?それについて説明します。

プログラミングの価値が理解できている人は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

 

プログラミング人材が不足している

日本国内ではプログラミング人材が不足しています。その理由としては、ITを活用する事業がどんどん拡大していることが大きな理由です。WebアプリやAI、IoTなど、ITエンジニアを求める業界・市場が大きく増えています。

ではもう少し掘り下げて、なぜそのようなことが起きているのでしょうか?

それは現在社会で抱えている多くの問題はITで解決できることが多いからです。

例えば、飲食店などでタブレットを使ってメニューを注文するシステムもよく見かけるようになりましたよね。タブレットが導入された背景には以下のような課題がありました。

  • 従業員が客に注文を聞きに行くことによる人的コスト
  • 聞き間違いによる注文ミスの発生

それをタブレットを導入するというIT技術で解決した1つの事例です。

このように現代で抱える多くの問題はIT技術により、解決することができます。そして、IT技術の中でも重要な役割を担うのがプログラミングです。上記の例の裏側では技術者が開発した多くのプログラムが組まれています。

このように、現代社会ではプログラミングで自動化すると便利になるものが多いです。そしてそれに対する企業への取り組みも盛んになっているので、プログラミング人材の需要がかなり大きいんですね。

 

プログラミングを身につければ稼げる

プログラミング人材が不足していることは先ほど説明しましたので、「身につければ仕事には困らそうだな〜」ということはなんとなく理解してもらえたかと思います。

一方で、プログラミングは本当に稼げるのか?収入は高いのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。

プログラミングで稼ぐ方法として以下が考えられます。

  • バイトに応募する
  • クラウドソーソングで案件を獲得する
  • 知り合いからプログラミングの依頼を受ける

クラウドソーシングとは、企業や個人などが不特定多数の人に作業を募集し、副業したい人が応募して案件が受注できれば、収入につながるという流れです。サラリーマンの副業とかでよく使われていますね。

ここでは大学生に馴染みのアルバイトを例に出すと、東京都の求人でプログラミングに関するバイトを検索すると時給1600円のバイトもあったりします!

普通の飲食店とかのバイトだと良くても時給1000円くらいかなと思うのですが、プログラミングなら時給1500円超えはザラですね。しかも、将来役に立つスキルも身につけられるのでこれほどお得な投資はありません。大学生のうちにプログラミングを学ぶか学ばないかで将来大きな差がつきますね。

 

出典:マイナビ

飲食店などで低単価時給で働いている方はプログラミングを学んで高単価でバイトしてみましょう!

 

就職にも役に立つ

プログラミングができれば就職にも役立ちます。先ほど、プログラミング人材が不足していることを説明しましたが、その分需要が大きいということです。

大学生のうちにプログラミングスキルを身につけておくと就職でかなり有利になります

IT企業でも「未経験歓迎」と人材募集しているところもありますが、1から人材を育てるコストはかかるので、経験者の方が採用されやすいことは確かです。しかも、プログラミングをやったことあるだけでなく、お金を稼いでいた事実があれば「きちんとアプリやサービスを作る能力がある」と認識されるので、実績としてもいいやすいですよね。

さらにバイトやインターンシップなどで企業でプログラミングの仕事をしているとそのままその企業に就職することも可能です。

 

転職もしやすい

就職がしやすいのと同時に転職もしやすいですね。

就職がうまくいったとしても、新卒で入社した会社がブラック企業だったり、気の合わない上司の可能性もあります。そうした環境でずっと働くのはしんどいですよね。その環境から逃れるには会社を辞めて転職するしかありませんが、自分に何もスキルがなければ会社も辞めにくいですよね。

一方で、大学生の頃にプログラミングスキルを身につければ、需要が多いので気軽に転職も可能です。大学生に限る話ではありませんが、人生を生きやすくするためにもプログラミングスキルを身につけておいて損はないと思います。

 

プログラミングで稼ぐ方法

では、具体的にプログラミングを身につけて、稼ぐ方法について説明します。

基本的にはこの3つができれば稼ぐことができます。

  1. プログラミングスキルの基礎を身につける
  2. アプリを作る
  3. 仕事をもらう、案件を受注する

 

プログラミングスキルの基礎を身につける

プログラミングを全くしたことがない人は基礎から身につけていきましょう。独学でも身につけることは可能ですが、一番良いのはプログラミングスクールに通うことです。

プログラミングスクールを使う最大のメリットは時間を短縮してスキルを身につけることができることです。

もちろん、初期費用としてお金がかかるところが多いですが、プログラミングスクールでは以下のようなメリットがあります。

  • 誰かに教えてもらうことで、つまづいてもすぐに解決できる
  • プログラミングスキルを身につける最短のルートで学習ができる
  • 社会に必要とされるプログラミングスキルを身につけることができる
  • アプリ開発を経験できるので、自分のポートフォリオにできる

 

独学だとわからないところが出てきたときに、解決する方法がわからずに時間がかなりかかってしまい、そのうち挫折する可能性があります。一方、プログラミングスクールでは自分がつまづいても、すぐに教えてもらうことが可能なのでプログラミングスキルを身につくスピードがかなり上がります。

学生時代って意外と短いものです。プログラミングスキルを身につけているうちにすぐに卒業を迎えてしまうことなんてあり得ます。

なので、学生時代にプログラミングで稼ぐというところまで到達するにはプログラミングスクールが最短のルートです。

 

数ある中で僕が厳選したプログラミングスクールをご紹介します。

 

Skill Hacks

場所 オンライン
期間 無期限
受講形態・特徴 動画でWebアプリケーションを開発しながらプログラミングを学習。
わからないところがあれば適宜質問し、講師は即レスしてくれるのが特徴。
値段も非常に安く設定されている上、受講者の評判もかなり良い。
料金  69800円(税込)

Skill Hacksは現役エンジニア兼プログラミング講師の迫佑樹さんが教えてくれます。迫さん自身も大学生の頃にプログラミングでバリバリ稼いでいました。

この教材の特徴は

  • 動画教材がとてもわかりやすい
  • 質問への対応が迅速で丁寧
  • 料金が安く、無期限に学習できる

94本のわかりやすい動画コンテンツと無期限のLINE@サポートがついていて69800円は非常にリーズナブルですね。

僕が説明するより、評判を見た方が信頼性が上がると思うのでSkill Hacksの評判はこんな感じです。

 

 

教え方が丁寧という声が多いですね。プログラミングスクールだと講師によって、相性があると思いますがSkill Hacksでは迫さん一人なので、この評判がそのまま直結するので安心ですね。

 

クリプテックアカデミア

場所 オンライン
期間 1ヶ月〜
受講形態・特徴 大学生限定のプログラミングスクール。
専属インストラクターがつき、生徒一人一人に合ったフルメイドオーダーカリキュラムを作り学習を進め、自分だけのオリジナルアプリを作成。
オフラインイベントもあり、受講生同士の交流も可能。
料金 88800円/月(税別)

 

クリプテックアカデミアは大学生限定のプログラミングスクールで、こんな方にオススメです。

  • プログラミングで一度挫折した
  • やってみたいが何から手をつければいいかわからない
  • 将来に不安がある
  • 就活の時に何か強みをもちたい

さらに他のスクールと違うのは生徒のためのオンラインコミュニティ『CryptechLounge』というものがあり、自分の悩みや学習状況などを生徒間で共有し、学習のモチベーションを保つことがでいます。

またプログラミングを学ぶだけでなく、受講後には高収入アルバイトやインターンの紹介もしてくれる手厚い待遇ぶり。

気になる方は無料体験レッスンを受けるところから始めたらいかなと思います。今ならAmazonギフト券1000円分ももらえたりするので。

 

侍エンジニア塾

場所 オンライン
期間 1ヶ月〜
受講形態・特徴 日本初のマンツーマンレッスンを開始したプログラミングスクール。
生徒一人一人に合ったフルメイドオーダーカリキュラムを作り学習を進める。
自分だけのオリジナルアプリを作成。
プログラミングだけでなく、仕事の獲得方法も教えてくれる。
料金 168000円(1ヶ月)〜(税別)

 

侍エンジニア塾も生徒専用のカリキュラムでオリジナルアプリを開発することができます。

侍エンジニア塾では無料体験レッスンも受けることができ、その時から何をゴールとするのか?という目標設計をしてくれ、その時点でカリキュラムを作ってくれるんですね。もちろんスクールに入るかどうかは別ですが、無料体験レッスンでもサポートが手厚いのがわかります。

さらに侍エンジニア塾ではプログラミングだけでなく、仕事の獲得方法も学ぶことができます。

プログラミングスキルをつけた後はどうすれば稼げるようになるのか?というのがわからないと思いますが、侍エンジニア塾ではそのノウハウも教えてくれます。受講中に案件を獲得している人もいます。

 

 

どれが良いのか?

色々とご紹介しましたが、結局どれが良いのか?と思う方も多いと思います。しかも、プログラミングスクールって料金が高くてなかなか一歩が踏み出せないと思います。

一番おすすめなのはSkill Hacksですね。料金が安く、サポートも手厚いのでリーズナブルです。講師が一人なので評判通りの学習が期待できます。

その他のプログラミングスクールは値段が少し高めなので気軽には試すのが難しく感じるかもしれません。ただ、クリプテックアカデミア侍エンジニア塾では無料体験があるので、一度受けてみて合うかどうかを判断するのが一番良いかと思います。

 

仕事をもらう、案件を受注する

プログラミングスクールに通えば、プログラミングの基礎を身につけ、アプリ開発の経験もできます。ここまでくれば、あとはお金を稼ぐだけですね。

冒頭ではバイトで稼ぐ方法について説明しましたが、ここではもう1つクラウドソーシングについて説明します。クラウドソーシングとは、企業や個人などが不特定多数の人に作業を募集し、副業したい人が応募して案件が受注できれば、収入につながるという流れです。

僕が使っているのはCrowdWorksです。

自分が今まで経験したプログラミング言語や開発したアプリをキーワードとして仕事を検索できます。

例えば、「Rails Ruby」と検索すると、以下のような仕事の一覧が出てきます。

仕事内容を確認し、自分にできそうなら応募することで案件を獲得することができます。ただし、他の人も応募している可能性もあるので、自分のスキルや開発したアプリをポートフォリオとして提示する必要があリます。案件を獲得するためにはアプリ開発の経験をきちんと積み必要があるので、プログラミングスクールでしっかり実績を作っておきましょう。

プログラミングスキルを身につけたら、自分のスキルを使うと、どんな仕事や案件があるのか一度確認してみるのもよいと思います。最終成果物のイメージをつけることができ、そこから何を学べば良いのか?というのがわかるようになります。

 

まとめ

プログラミングスキルを身につければ、大学生のうちでもお金を稼ぐことができ、将来の不安もなくなります。もちろん大学生のうちだけでなく、社会に出てからも役立つことが多いです。人生を豊かにするためにはプログラミングがオススメです。

 

大学生のうちにプログラミングを学ぶべき理由
  • プログラミング人材が不足しているので需要が高い
  • バイトやクラウドソーシングで高い時給でお金が稼げる
  • プログラミングスキルがあれば就職や転職に役立つ

 

★オススメのプログラミングスクール

スポンサーリンク