通勤時間は無駄?27年間実家暮らしの僕が一人暮らしを決めた理由

生活

スポンサーリンク

こんにちは、おかてんです。

僕はつい最近まで一度も一人暮らしをしたことがありませんでした。

大学は実家から電車で1時間くらいで通える距離でしたし、今の会社も実家から電車で1時間ちょいで行けちゃうので、わざわざお金をかけて一人暮らしする意味がなかったんですよね。

一人暮らしってお金がかかるし、家事も自分でやらないといけないので結局時間が取られたりで、やるメリットがないと思っていました。

 

しかしそんな僕が一人暮らしを始めました!

始めた理由はただ一つ、それは

通勤時間を減らすことです

会社に行くには実家から通える距離とはいえ、往復で約2時間半かかります。

僕はこの時間が非常にもったいないと感じ、会社の近くに住むことを決めました。

 

 

ただ一人暮らしをするためには家事に割く時間も考えなければいけません。
一人暮らししたけど結局家事をすることになり、時間が増えなかったとなると元も子もありません。

そこで、今回は一人暮らしすることにより

  • 実家暮らしと比べて家事に費やす時間がどのように変わったか?
  • 移動時間の削減により自分の時間は増えたはいいものの、どのように時間を使うのか?

について書きます。

 

スポンサーリンク

 

家事

まず、家事ですね。

実家なら食事や洗濯などなんでも親がやってくれるから一人暮らしすると家事が大変だよとかよく聞きますけど、僕にとってはほとんど問題なかったです。

なぜなら、実家暮らしの時もがっつり家事をしていたから!

両親が共働きというのもあり、中々家のことまで手が回らないから、仕事のない土日に掃除・洗濯はやっていることが多かったです。

もちろん平日はやってもらっていたのでそこは楽している部分もあります。

ただ、一人暮らしをしても家事が負担にならないことがわかりました。

主な家事として、掃除・食事・洗濯の観点から書きます。

 

掃除

掃除に関しては実家暮らしの時もやっていたのでそんなに費やす時間は変わってないですね。

お掃除ロボットを買って掃除に割く時間をもっと減らしても良かったのですが、祖母のお古の掃除機をもらったのでそれを使うようにしています。実家暮らしの時も自分の部屋はもちろん、僕がリビングを掃除することも多かったのでそこまで苦痛じゃありません。

今の部屋はそんなに広くないので、掃除に時間はほとんどかけていませんね。

こちらの掃除機を今使っていますが軽くて掃除しやすいのでオススメです。

 

 

食事

食事に関しては一人暮らしすると一番苦労するところかなと思います。

そこで、僕は自炊することを諦めました

というより、時間のかかる自炊と美味しくない自炊はやりません!

最近ではほとんど出来上がったものを少し茹でたりするだけで美味しいものが作れるのでそれをご飯として食べることが多いです。

1から手間かけて作った割にはあんまり美味しくないとかがあるので、そのような自炊はしないと決めました。

外食すると少しお金はかかりますが時間や手間を考えると惜しくはありません。

 

洗濯

洗濯は主に干す作業と畳む作業に時間を取られます。

そこで、僕は全自動洗濯・乾燥機を使うことで干す作業をなくしました。

乾燥には時間がかかりますが、自分が費やす時間は0なので楽ですね。雨が降った時にも関係なく洗濯できるのも魅力です。

洗濯・乾燥が終われば、あとは畳む作業だけで済みますので洗濯に費やす時間もほとんどかかっていません。

こちらは現在僕が使っている洗濯乾燥機で一人暮らしの人にオススメです。
値段もお手頃でAmazonで注文しても、prime会員なら無料で取り付けをしてもらえます。

prime会員じゃなくても1080円で取り付けしてもらえるので便利です。

 

 

家事に費やす時間は増えた?

一人暮らしをして、家事により費やす時間が増えたかどうかを考えると、あまり変わりませんね。実家暮らしだと土日も洗濯していたことを考えるとむしろ減ったかもしれません。

 

時間の使い方

では、肝心な時間の使い方です。

家事の時間が実家暮らしの時とほとんど変わらないので、今までの通勤時間を全て使うことができます。

僕の場合、実家暮らしの時と一人暮らしの時の通勤時間がそれぞれ往復で

実家暮らし:2時間30分
一人暮らし:30分

なので、一人暮らしをすることで1日2時間浮きます。

では、その時間をどう使うか?

お金を生み出すための自己投資に使います!

僕の場合は

  • ブログ
  • プログラミング

に費やすことを決めました!

 

ブログ

余った時間でブログを書いています。

ブログを書くことで自分の学んだことをアウトプットして身につけると同時に、小遣い稼ぎをすることができるんですよね。

今はまだ収益が出ていませんが、正しい方向にコツコツ続ければ、収益は増えていくと確信しています。

また、ブログは不労収入となり得るので、時間を投資することで後々大きなリターンを得ることができることを考えると、今のうちにやっておいた方がいいでしょう。

 

プログラミング

プログラミングスキルを身につけておくと、今後の社会を生き残れるという説明は記事でいくつか書きましたので、今のうちにスキルを身に付けておく価値はあります。

★合わせて読みたい記事

 

今回はプログラミングが直接収益になり得る2つの方法をご紹介します。

 

まずはブログでプログラミング関連の記事を書くことです。

プログラミングのスクールに通ったり、オンラインの動画サービスを受講したりすることで、その経験をブログの記事にしてアフィリエイトでお金を生み出すことができます。

 

もう一つはプログラミングスキルを活かして副業として稼ぐ方法もあります。

例えば、「CODEAL(コデアル)」というサービスなんて時給3000円なんてザラです。将来的にブログやプログラミングが軌道に乗り始めたら、僕は登録するつもりです。

 

このようにプログラミング経験を積むことで今後の社会で生き残れるようになるだけでなく、直接的な収入にもつながる可能性があるのでやっておいて損はありません。

 

浮いた時間の価値

浮いた時間を生活費と照らし合わせて時給換算してみました。

家賃と食事代・電気代・水道代合わせて約7万円です。

一方、時間は今までと比べて1日2時間 × 平日5日 × 4週間 = 計40時間増えた事になります。

その40時間を7万円で買ったと考えて計算すると、

生活費70000円 ÷ 40時間 = 1750円となるので、日々浮いた時間での活動で時給1750円の価値を生み出せばいいのですね。

 

最後に

実家を出て一人暮らしをすることにより確実に出費は増えましたが、それと引き換えに多くの時間を手に入れることができました。

今は収益も全然上げられていないので、一人暮らしによりお金は以前よりは減っていくでしょう。

ただ、これを投資と考えて、捻出した時間をブログやプログラミングに投資し、今後大きなリターンが返ってくる事を考えると絶好の投資チャンスです。

実家暮らしが安いからといって通勤に時間をかけているあなた、今すぐ会社の近くに住んで通勤時間を短縮し、自分のために投資しましょう。

スポンサーリンク